大人で初心者のダンススクールなら東京ダンスヴィレッジ

タヒチアダンスの基本の動き

タヒチアンダンスの基本の動きをご紹介。
一緒にタヒチアンダンスにチャレンジ!

基本の動き

タマウ

基本姿勢、足をそろえて立ち軽くひざをまげます。手は軽くにぎり腰に添えましょう。

アマハ

基本姿勢の状態から足を1歩前に出し、出した足に体重を乗せてここでタマウします。

オトゥイ

基本姿勢の状態からひざ裏を右左右で右に2回打つことになります。

バル

バルは腰で8の字を書くステップです。

タヒチアンダンス教室を初心者が東京、池袋で選ぶなら東京ダンスヴィレッジ。


タヒチアンダンスは南太平洋の伝統的な舞踊で、打楽器にあわせて激しく踊る姿は、映画「フラガール」などでも取り上げられ、多くの若い女性を中心に注目を集め、そのカワイイ衣装もあって多くの初心者の方がタヒチアンダンスに興味を持ちました。東京都内では池袋周辺をはじめ初心者を対象としたタヒチアンダンス教室が開校していますが、生徒さんの対象年齢を20・30代としているのは東京ダンスヴィレッジだけで、生徒さんだけでなく、講師も同世代なので、会話も弾んで楽しく通えます。


初心者の方がタヒチアンダンスを教室で習う際にネックとなるのはその独特の腰の動き。池袋にある東京ダンスヴィレッジの教室では、初心者限定の「超入門クラス」をご用意、ダンスがまったくはじめての初心者の方でも続けられるように工夫された「初心者専用カリキュラム」となっております。池袋駅目の前という好立地で、初心者向け教室の東京ダンスヴィレッジは、池袋近辺にお住まいの方だけでなく池袋駅を通勤・通学で利用される方で、タヒチアンダンスを教室で習いたい東京一円の初心者の方に大好評をいただいてる教室となります。